vio脱毛は、痛みに敏感なデリケートゾーンであることからも、他の部位より痛みを感じやすいと言われています。ただ、エステサロンでの脱毛は、医療レーザー脱毛と比較すれば、まだ痛みが少なく、肌にも優しいといわれています。

vio脱毛がなぜ他の部位より痛いのかというと、刺激を受ける神経までの距離が短く、刺激がすぐに神経に届いてしまうからなのです。とくにiラインは粘膜が薄いため、iラインをレーザー脱毛した人は、悲鳴をあげたい程痛かったという人もいるようですが、サロンでの脱毛はそこまでは痛くないと思って良いでしょう。

また、光は濃い色に反応するため、太く濃いアンダーヘアは効果もありますが痛みも感じやすくなってしまいます。他の部位ではほとんど痛みがなかったという人でも、vioを施術した時は痛かったという口コミが多いです。サロンの光脱毛でも、痛さを多少は覚悟した方が良さそうです。クリニックで施術するレーザー脱毛の場合、クリーム状の表面に塗る形の麻酔薬を塗ってくれるところもあります。

しかし、麻酔は医療行為となりますので、一般のエステサロンでの光脱毛で麻酔を使用することはできません。だからと言って、ただ痛みに黙って耐えて下さい!という訳ではありませんのでご安心を!冷却ジェルを使用するなど、痛みを軽減する努力はきちんと行ってくれます。

また、火傷等のトラブルに関してですが、光脱毛は、機器の使用法を間違えることによって火傷につながってしまうことがあります。肌が赤みをおびたり、痒くなったりするのも、火傷の一種です。どのような症状になるかというと、毛穴がぽこっと水ぶくれのような状態になります。しかし、このトラブルについては、vioゾーンに限ったことではなく、全ての部位に共通して言えることです。

サロンではトラブルが起きないよう施術していますし、そのための保証もあります。ですので、安心して施術をお任せして頂ければと思います。また、サロンでの施術以外に、自分で剃刀や除毛クリーム等を使用することは、肌トラブルの発生の原因となりますので、行わないようにしましょう。