vioラインの自宅脱毛は本当に安いのでしょうか?

お肌にトラブルが起こると最悪通院しないとなりません。素人の自己処理が以下に危険か?vio脱毛のリスクについてまとめました。

自己処理は危険?vio脱毛の自己処理リスク

vio脱毛を自己処理するにはリスクを覚悟しなければなりません。
最も避けたい自己処理方法は毛抜きです。
毛抜きを使えば、毛が抜けたと実感できますし、もう二度と生えてこないと思うでしょう。

ですが毛根が残っていますから、実はまだまだ生えてくるのです。
それだけではなくダメージが残りますから、毛穴が黒ずみになる、埋没毛になる、毛嚢炎になるといった症状を起こしてしまいます。

ではより簡単で手軽なカミソリはどうかというと、カミソリを使うと皮膚表面からそることができますから、すっきりします。

ですがカミソリでそると皮膚も一緒に沿ってしまうため、ダメージが蓄積してしまいます。
すると肌は乾燥し、かゆくなる、ヒリヒリする、痛くなる、赤くなる、発疹ができるといった症状に見舞われます。
さらに毛穴から雑菌が入り込むと、毛嚢炎担ってしまうのです。

自己処理方法として、多少お金はかかりますが、ムースやクリーム、ジェル、フォームなどがあります。

これらは毛を溶かす原理によって脱毛する方法ですが、実は毛の主成分であるたんぱく質を溶かしていますので、皮膚も溶かすことになります。

デリケートゾーンである陰部の皮膚が解けると、痛くなる、赤くなる、かゆくなる、かぶれるといった症状が起こります。
アレルギー体質の方は絶対に使用しないようにしたいもので、これらの商品はほとんどが陰部に使用してはいけないと表記されています。

ブラジリアンワックスという方法もありますが、皮膚の弱い人は内出血や炎症などによる影響も大きいので、陰部脱毛を自己処理するなら、リスクを伴うことを把握しておかなければなりません。

vio脱毛の大敵!毛抜きでの自己処理で黒ずみや毛嚢炎を引き起こす?

毛抜きでvio脱毛をする、という人も多いでしょうが、毛抜きによる脱毛方法は危険が伴います。

陰部脱毛にはVライン、Iライン、Oラインがありますが、Vラインはまだ見える範囲ですし、痛みもそれほど強い箇所ではありません。

問題はIラインとOラインです。この2箇所は見えませんし、痛みも非常に強いです。

特にIラインは皮膚が最も薄く、ムダ毛を引っ張ると皮膚もついてきますから、その痛さは尋常ではありません。

さらに毛抜きによる陰部脱毛は、思わぬ肌トラブルを引き起こします。

毛抜きを使うと根元から抜けた、という感覚に陥るのですが、実際には毛根がまだ残っており、完全には抜けきれていません。

そのため股ムダ毛は生えてきますし、生えてくる途中の短い毛はチクチクと皮膚に刺さります。それだけならまだいいのですが、毛穴から雑菌が侵入し、毛嚢炎を起こしてしまうリスクを伴います。毛嚢炎を起こすと、エステには通えなくなりますし、皮膚科で正しい処置を受けなければなりません。

さらに毛抜きを使ったことで、肌にダメージが与えられ、活性酸素が発生、色素沈着を引き起こします。

黒ずみに変化し、色が元に戻ることはまずありません。

さらに皮膚がフラットに戻った状態の下から毛が生えてきて、埋没毛になることもあります。こうなると皮膚科を受診しなければなりませんので、どちらにしろ毛抜きによる陰部脱毛は、お勧めできないのです。陰部脱毛を希望する方は、脱毛エステで適切な処置を受けましょう。

vioラインの自宅脱毛で起こりがちなトラブル

これまでむだ毛に悩み、色々な脱毛方法を試してきた女性は多いのではないでしょうか。vioラインでトラブルが一番発生しやすいのは、自分で処理することによるトラブルです。

では、実際に自己処理によって発生しがちなトラブルについてまとめてみました。

自分で処理する場合、一番手っ取り早いのはカミソリによるシェービングかとおもいますが、これは肌へのダメージが非常に大きく、カミソリ負けして肌を切る、特にiラインを傷つけてしまうことによるトラブルは深刻です。次に、毛抜きによる処理ですが、その後黒ずみが発生する可能性が高いです。肌は、刺激が加わるとメラニン色素を生成しやすくなるという性質があります。そのため、毛を抜くという刺激を大量にvio部分に与えてしまうことによって、毛穴が黒ずんでしまうのです。

また、抜くことができずに途中で切れてしまったりすると、その毛が埋没してしまい肌へのダメージをさらに増加させてしまうこともあるのです。また、毛穴からばい菌が入り炎症が起こることもあります。それが、毛穴を赤く膨れ上がらせてしまうのです。それらのダメージを一度経験してしまうと、再びキレイな肌を取り戻すのには長い年月がかかってしまいます。

そうならずに済む一番良い方法は、施術をプロに任せることが最善なのではないでしょうか。見せるのが恥ずかしいという方も多いかと思いますが、トラブル続きで結局肌がぼろぼろになる前に、確実なキレイを手に入れましょう。

vio脱毛を自宅でする時の注意点

自宅でも陰部脱毛は可能です。

陰部脱毛の方法はいろいろありますが、ほとんどの方はカミソリやシェーバー、脱毛器を使用するでしょう。
確かに便利ですし、恥ずかしい部分をほかの人に見られることもありませんから、気軽に行えるのですが、注意も必要です。
では家庭で陰部脱毛をする際の注意点を見てみましょう。

1つはカミソリで行う場合、皮膚を傷つける可能性が高いということです。
特にIラインはデリケートゾーンですし、人によっては粘膜からムダ毛が生えていることがあります。
この粘膜から生えているムダ毛が非常に厄介で、傷がつけば出血をしたり、感染症にかかってしまったり、また赤くはれ上がって、用を足すときさえ苦労することも多々あります。
Oラインも同様です。
Oラインは自分では中々見えませんから、手探りで行うことが多いです。
ですが肛門周辺を傷つけてしまうと、痔になったように痛みを発し、痛いからトイレを我慢するということになれば、便秘になってしまいます。

家庭用脱毛器もありますが、毛穴を開いてムダ毛を抜くタイプの場合、毛穴へのダメージが強く、出血の可能性もあります。
ほかに、埋没毛、毛嚢炎などのトラブルもありますので、非常にデリケートな部位への使用はお勧めできません。

最近は光脱毛器が家庭用に出回っていますが、脱毛サロンほどの出力や効果は期待できないでしょう。
はさみ出きると、伸びてきた毛がチクチクすると言うこともあります。
家庭で陰部脱毛をする際は、衛生面に十分気をつけること、できるだけ光脱毛器での脱毛をすることがお勧めです。

vio脱毛によってかゆみを感じる?

陰部脱毛をするとかゆくなる、という人も少なくないようです。
確かに陰部はデリケートゾーンで傷つきやすい部位ですから、不安になるのは当然でしょう。
自己処理をした際、かゆくなった、チクチクした、という経験をした人もいるかと思います。
では本当に陰部脱毛をした後はかゆくなるのでしょうか。

当然ながら全員かゆみを感じることはありません。
さらにかゆみを感じたとしても、最初に受けた1~2回目の陰部脱毛後のわずかな期間です。
今まで陰部は毛に守られてきましたから、刺激を受けることで肌が反応し、かゆくなることはあります。

ですがかゆくてたまらない、ずっと続く、ということではありません。
かゆくなる原因として多いのは、下着との摩擦です。
毛で覆われ、保護されている部分に毛がなくなることで、ショーツなどの刺激が直に当たりますから、肌も驚いてしまうのです。
しかし肌も慣れればかゆみを覚えなくなりますし、下着は衛生上必要なものです。
もしもかゆみが我慢できない、という方は、通気性のいい下着を選ぶといいでしょう。

かゆみを感じることがあるとしても、陰部脱毛にはメリットがたくさんあります。
水着のデザインを選ばなくてもいいという見た目のメリットはもちろん、生理の時の蒸れやかぶれも抑えられます。

また汚物や排泄物が付着しませんので、衛生的です。
脱毛すると美肌効果も得られますから、肌に黒ずみがなくなり、きれいな常態になります。

このように、陰部脱毛は最初のうちにかゆみを生じることはあっても、メリットから考えればメリットのほうが大きくなります。
vio脱毛を考えている方は、かゆみなどの件も踏まえた上で、検討してみるといいでしょう。

vio脱毛にブラジリアンワックスを利用する時の注意点

陰部脱毛をするのにブラジリアンワックスを選ぶ人も多いようです。

ブラジリアンワックス脱毛は、ビキニラインをはじめ、ワックス脱毛する方法の一つで、肛門や会陰、外性器周辺にある毛を除去することができます。もともとは、Tバックのビキニや下着を着るために女性が行ったもので、Tバック発祥の地であるラジルからその名前がつけられたという説があります。

ブラジリアンワックスはソフトとハードがありますから、陰部脱毛に不安のある方はソフトタイプから始めることもできます。ブラジリアンワックスのメリットは、カミソリ負けがないということです。ただし、脱毛後はしばらく赤くなることも多いですが、これはデリケートゾーンに行う脱毛ですから、仕方ないことといえるでしょう。

また好きなデザインに脱毛することもできるのが特徴で、ハートスートなど、光脱毛ではできないようなデザインもブラジリアンワックスではできます。

ただし、注意したいのは、皮膚疾患です。

通常脱毛方法として多いのは、レーザー脱毛や光脱毛ですが、ブラジリアンワックスで起こると考えられる皮膚疾患は、内出血と肌荒れです。

陰部の粘膜箇所というのは、女性のその日の状況で変わります。
ワックスをつけてはがす、ということが皮膚を引っ張り、内出血を起こしてしまうのです。

たとえば口の中にやけどを負って、皮膚がただれる、噛んでしまって出血してしまう、ということを考えれば分かるでしょう。

もし内出血が起こった場合は、時間を置いて様子を見ることです。
肌荒れが起こった場合は早期治療が大切で、冷やしたり、保湿することが重要になります。

ブラジリアンワックスでの自宅VIO脱毛も安いようで肌トラブルがつきまといます。

vio脱毛後のアフターケア!保湿をしっかりする!

vio脱毛は処置が終わればそれで完了ではありません。
大切なのはアフターケアです。

陰部脱毛を脱毛サロンで受けた場合、これは家庭で自己処理する場合も同じですが、保湿が大切になります。

保湿することは肌を守り、バリア機能を保つことにもなります。
つまり、外部刺激に強くなり、肌荒れやかぶれなどの心配が減る、ということです。
特にデリケートゾーンは非常に皮膚が薄く弱く、すぐに外部刺激の影響を受けてしまいます。
それを防ぐのが保湿です。

vio脱毛をした際、肌の内部はやけどを負った状態です。
やけどしているということは、すぐに冷やさなければ、水ぶくれができてしまう可能性があります。
水ぶくれが潰れれば非常に強い痛みを伴いますし、治るのにも時間がかかってしまいます。
また次の脱毛を受けられなくなってしまうのです。

皮膚科で専門的な治療が必要となる前に、アフターケアで十分クールダウンし、保湿することで、最悪のリスクを避けることができます。

陰部脱毛には、常に他の部位以上のリスクが付きまとっていますので、脱毛サロンを利用する方はよくスタッフの話を聞き、アフターケアをするようにしましょう。

専用のローションなどもありますが、保湿化粧水やクリームで、刺激の少ないタイプを使用するといいでしょう。

陰部脱毛は1回受ければ終わりではありません。
完全に脱毛したいなら6回は受ける必要があります。
ほんの少しの手間をかけるだけで、1年という期間を乗り切ることができるのです。