iラインを剃るとチクチクして痒い方は脱毛を検討しよう

iラインはデリケートな部位なので自己処理も難しいですが、お金がかからないし手軽にできるので、カミソリで自己処理をする人は多いです。

iラインをカミソリで剃ると1日は綺麗ですが、3日~一週間もするとチクチクと毛が生えてきて、また剃らないとです。剃り続けるのもめんどくさいですし、剃り続けているとお肌にトラブルが出てくる事があります。

カミソリで処理を続けると黒ずみ色素沈着の原因になりますので、アソコがどんどん汚い感じになっていきます。

面倒だからそのまま伸ばして、処理をあきらめるのも良い選択肢ですが、剃り続けてiラインのチクチクと戦い続けて、最後は黒く汚い感じのアソコ周りになってしまうのは嫌ですね。

そこで、チクチクしない方法として、毛先を焼くタイプのiラインの自己処理もあります。

熱処理できるiライントリマータイプは毛を焼くのでカミソリよりはチクチクしません。
ノーノーヘア脱毛器での処理も毛を焼くタイプなので毛先がとがらずチクチクしません。
線香で焼くという原始的な処理方法もありますが、危険なのでデリケートゾーンでは辞めた方が良いでしょう。

こういった方法であれば短期間であればチクチクさせずにiラインを処理する事ができます。
ですが、永久脱毛ではありませんので2週間もすると生えてきてチクチクしてきます。

iライン処理によるチクチクを根本から解決したい方には脱毛がおすすめです。

最近は、脱毛サロンの光脱毛もクリニックの医療レーザー脱毛も低価格化が進み昔よりも費用がかからなくなっています。

もし、ある程度お金をかけてもいい方は、iラインを剃るとチクチクを繰り返す事を辞めて、スッキリツルツルのiラインになれる脱毛がおすすめです。

最近では家庭用の光脱毛器も高性能になってきていて、以前よりも効果が出るようになりました。もし、サロンは恥ずかしいから行けないという理由であれば、家庭用の光脱毛器による脱毛が最適です。

iライン処理はカミソリシェービングでは危険

Iラインのムダ毛は、放っておくと下着や水着からはみ出していることもあります。

また、生理中の不快感をなくすためにお手入れしている人も多いと思います。

ただ、Iラインは粘膜にも近く、非常にデリケートな部分なんです。

安易な自己処理を続けていると、肌トラブルを引き起こします。
しかも人様には見せたくない場所なので、炎症が悪化して化膿してしまったり
してもなかなか皮膚科に行く勇気もでないので更に状態を悪化させてしまうことが多いんです。

手軽で安上がりだからと言って、
カミソリで自己処理している人も多いと思いますが、
とても危険なので、カミソリの使用がやめましょう。

カミソリは肌に直接つけて剃毛するものですが、
刃が直接肌に触れることで、肌の表面まで傷つけてしまいますよね。

また、カミソリ負けをするから、という理由で毛抜きを使っている
人もいると思いますが、これも危険です。

肌の表面には、雑菌から肌を守るための薄い膜があります。
でも、間違った自己処理ではその膜を壊してしまい、
雑菌が繁殖しやすくなってしまうのです。

Iラインのムダ毛が無い方が尿や生理の経血がつかずに衛生的、
と言いますが、肌にダメージを与えていると雑菌が繁殖して、
とても清潔とは言えない状態になってしまいますよね。

これではなんのために処理しているのか分かりません。

Iラインの処理をする場合は、カミソリや毛抜きの使用はせずに、
肌への負担が少ない方法で処理するようにしましょうね。

費用はかかりますが、脱毛サロンやクリニックでプロに任せるのが一番です。

iライン脱毛で痛いのが嫌な方へ|痛くない脱毛のディオーネ!

脱毛で痛みを強く感じる部位として知られているのが、iラインとスネです。

iライン脱毛は痛く感じる人だと、静電気でバチっとする感じと同じで一瞬体に電気が走るような痛みを感じる人も多いと言われています。

これも慣れると我慢できますし、後々に残るような痛みでは無いので、多くの方は我慢をして脱毛を受けています。ですが、光脱毛や医療レーザー脱毛は痛みと合わせて火傷のリスクも少なからずあります。

アソコ周りの毛を処理するiライン脱毛は場所が場所だけに火傷するととんでもなく痛いです。サロンは出力が低いので、そこまで心配ありませんが、医療レーザー脱毛は効果が強い半面、軽い火傷は結構あるのが現実です。

iライン脱毛はしたいけど、痛いのは怖い、火傷のリスクがあるのも怖い・・・

そんな方に最適なのが、痛みが全くない脱毛ができる「ハイパースキン脱毛」です。「ハイパースキン脱毛」は、脱毛サロンで主流の光脱毛や美容外科クリニックで主流の医療レーザー脱毛とは全く違う仕組みです。

光脱毛、レーザー脱毛共に毛を熱処理しているので痛いし火傷のリスクあるわけですが、「ハイパースキン脱毛」は熱処理ではない処理方法を採用しているので、痛みが無く火傷のリスクもありません。

脱毛料金の方も光脱毛とほぼ同じ位の料金設定なので、痛みがない脱毛をしたい方にはおすすめです。まだ「ハイパースキン脱毛」を提供しているサロンは少ないですが、「ディオーネ」という脱毛サロンでは「ハイパースキン脱毛」ができます。

iラインに家庭用脱毛器は使える?

Iラインのような、デリケートな部分のムダ毛処理をする場合、エステに行くのをためらう人もいると思います。
Iラインは性器に近い部分ですから、他人に見せるのは抵抗がありますよね。
また、地方にお住まいの方の場合は、通える範囲に脱毛サロンが無い、という場合もありますよね。

その場合は、家庭用フラッシュ脱毛器を買おうと思う人も多いと思います。

家庭用フラッシュ脱毛器は、エステの光脱毛を同じ仕組みで脱毛ができるもので、
自宅で使えるので、人に見られるのが恥ずかしい部分の脱毛にはぴったりです。

ただ、家庭用脱毛器は、IラインやOラインといったデリケートな部分への照射は推奨していません。
やるとしたら完全に自己責任になります。

家庭用フラッシュ脱毛器は、最近はかなり進化していて、
サロン並みの脱毛効果が期待できるものもあるんですよ。

その中でも、ケノン、ラヴィ、センスエピ、といった脱毛器が人気です。

どれも脱毛効果には遜色なく、問題は費用と使いやすさだと思います。

まず使いやすさでは、いかに狭いところでも上手く照射できるか、ということがポイント。

ラヴィのスリムカートリッジが一番小さいので、狭いところの脱毛でもラクラクに脱毛できます。
ハンドピースの握りやすさではケノンとラヴィはあまり変わらないですね。

また、費用面では、センスエピが一番安いです。

センスエピは本体価格が安い代わりに、カートリッジの使用可能回数が非常に少なく、
全身脱毛に使いたい人は交換用カートリッジをたくさん買わなければならず、
最終的に一番高くついてしまうのですが、アンダーヘアだけ、という人には十分だと思います。

もし、全身に使いたいのであれば、ケノンかラヴィの方が、断然照射可能回数が多くコストパフォーマンスは高いですよ。

iライン脱毛は恥ずかしい方へ|自宅で光脱毛できるケノン!

サロンやクリニックでiライン脱毛をしたいけど、店員のお姉さんにアソコを見せるとか恥ずかし過ぎてムリ・・・

そんな恥ずかしがり屋さんでも自宅でiラインを脱毛する事ができます。

最近では高性能の家庭用光脱毛器やレーザー脱毛器が通販とかで販売されています。

一昔前は家庭用脱毛器と言えば効果が無い詐偽的な商品ばかりでしたので、怪しいと思われると思いますが、ココ数年の脱毛器はかなり効果が出ます。

でも永久脱毛はムリです。

3か月位継続使用すると、毛が薄くなってきて、生えない毛穴も出てくるという効果の表れ方をします。

脱毛サロンとかでも最初の数回は毛が抜けなくて効果が無いと不安になる方がいますが、最近の脱毛器も最初はあまり効果を感じませんが徐々に毛が薄くなります。

自宅で誰にも見られず自分のペースでiライン脱毛ができますので、恥ずかしがり屋さんには最適です。

脱毛器は4~7万円と高額になりますが、目元と粘膜部以外ほぼ全身を脱毛する事ができますので、サロンで脱毛する料金を考えればコストパフォーマンスは悪くありません。

サロンの全身脱毛だと6回10~15万円位しますし、クリニックの医療レーザー脱毛だと35万円位しますので。

iライン脱毛だけのために脱毛器を買うと割高感がありますが、もし他の部位も同時に脱毛するなら悪い買い物にはなりません。

■ 今一番人気がある家庭用の脱毛器

ココ数年楽天ランキングでずっと1位の一番売れている家庭用光脱毛器が「ケノン」です。

「ケノン」はハンドピースを処理したい部位にあててボタンを押すだけの簡単操作で光脱毛ができます。

保冷材で処理部位を冷やしてから照射すると痛みはあまり感じませんが、10段階の出力調整もできるので痛みの心配はあまりないです。

既に多くのユーザーが利用して効果を実感していますので、効果についてもある程度信用できる機種です。

自宅でサロンと同じ仕組みの光脱毛をしてみたい方に「ケノン」は最適です。

iライン脱毛の自己処理ならクリームかブラジリアンワックス

Iラインは、性器に近い部分なので、ムダ毛のお手入れも慎重におこなわなければいけません。
カミソリで誤って性器を傷つけるようなことがあってはならないので、カミソリの使用は控えましょう。
カミソリを使用していると肌荒れや色素沈着の原因にもなるのでやめましょうね。

Iラインのムダ毛のお手入れには、ブラジリアンワックスがおすすめです。
ブラジリアンワックスは、エステサロンでも施術してくれるところが多い
のですが、価格が高いのが難点です。

でも、最近は自宅で安全に使えるブラジリアンワックスも販売されているので、
けっこう手軽に自己処理できるんですよ。

国産のワックスなら自然の材料をから製造されているので
お肌にも優しく、肌を傷めにくくなっています。
使い方も簡単で、カミソリを使うよりも安全ですよ。

また、毛根から毛を抜き去るので、次に生えてくるまでの期間が長く、
2週間~1か月ぐらいはもつのでお手入れの手間も減ります。

ただ、エステなどで脱毛を受けているひとはブラジリアンワックスは使えません。
毛根からムダ毛を抜いてしまうと、脱毛機の光が反応しなくなってしまうからです。
現在エステで脱毛している人、これから脱毛に通おうとしている人は、使用は辞めておきましょう。

また、除毛クリームを使用する場合には、注意が必要です。
市販の除毛クリームのほとんどは、IラインやOラインへの使用は推奨されていないので
完全に自己責任で使用しなければなりません。

除毛クリームの代わりに、抑毛効果のある豆乳ローションなどを使うのもおすすめですよ。

iラインシェーバー、vライントリマーで自己処理

Iラインのお手入れには、なるべく安全な方法を選ぶことが大切です。
刺激に弱い場所なので、カミソリで剃ったり毛抜きで抜く、といった方法は危険なのでさけましょう。

Iラインのお手入れをするときにおすすめなのは、電気シェーバーとブラジリアンワックスです。
どちらも一長一短があるので、自分にあった方法を選ぶと良いですよ。

ブラジリアンワックスは、毛根からムダ毛を抜き去ることができるので仕上がりは綺麗ですし
生えてくるまでに時間もかかり良いのですが、肌の弱い人の場合は肌を傷めることもあります。

また、脱毛に通っている人は使えない脱毛方法なので気をつけてくださいね。

一方、電気シェーバーの場合は、カミソリのように直接肌に刃をおしつけるわけではないので
肌への負担はかなり抑えられます。

ただ、見た目はワックスほどきれいにはならず、しばらくするとまたすぐに生えてくるので
頻繁に処理しなければいけないのがデメリットです。

ただ、電気シェーバーは、Iライン専用のものならコンパクトでとても使いやすく
価格も安いので手軽に使いやすいと思います。

全身用の電気シェーバーはIラインのような小さな部位では使いづらいので、専用のものを持っておくと便利です。

また、トライアングル部分のアンダーヘアも、伸ばしっぱなしにするのではなく
Vライントリマーなどのヒートカッターで長さを整えておくと見た目もきれいになりますし
下着の中のムレ感も解消できますよ。